おせち料理の意味と縁起

おせち料理の意味と縁起

おせち料理の意味は?

おせち料理と縁起の意味

 

おせち料理を漢字で書くと
御節料理になります。

 

元日は節日(節句)の中でも一番重要な日で
その日に食べる料理から、「御節料理」と呼ばれているんですね。

 

おせち料理を食べる風習は
中国の五節供の行事までさかのぼります。

 

日本には奈良時代に伝えられ
朝廷内で開かれていた節会には
節供(せちく)と呼ばれる料理が食べられていました。

 

その後
この風習が庶民に伝わり
お正月の節目におせち料理を食べるようになったのです。

 

 

ちなみに
おせち料理を重箱に詰めることは
明治時代以降と言われています。

 

 

スポンサードリンク

 

御節に詰める料理には、どんな縁起があるの?

現在のおせち料理は
和食に加え、洋食、中華、イタリアンなど
料理の種類も豊富ですよね。

 

でも
昔の定番おせちは

  • 祝い肴三種(三つ肴、口取り)
  • 煮しめ
  • 酢の物
  • 焼き物

 

が基本。

 

日持ちするように考えられていますが
お正月に食べるので、もちろん縁起も担いでいるんですね~。

主なおせち料理と縁起

黒豆

魔除けの色とされている「黒」というだけで
演技の良さがにじみ出ている料理ですが

 

「マメに働けますように」という語呂合わせの他にも
長寿や健康を願います。

 

紅白かまぼこ

その形がお正月の縁起の象徴、初日の出に似ていることから縁起が良いとされています。

 

赤いかまぼこは魔除けを、白いかまぼこは神聖さを象徴しています。

 

数の子

数の子はニシンの卵ですが
その「二親(ニシン)」から生まれてくる子どもということで
子孫繁栄を意味する、めでたい料理としておせち料理の顔にもなっています。

 

伊達巻

その華やかさな外見から
お正月のおせち料理にぴったりということで定番化せれている伊達巻。

 

また、巻物っぽい見かけから
学問や教養を象徴する縁起物ともされています。

 

田作り(ごまめ)

ごまめとは、イワシの幼魚のことですが
その昔、カタクチイワシを肥料にしたところ
五万俵もの米が収穫できたことから、五穀豊穣の意味が込められています。

 

たたきゴボウ

柔らかく似たゴボウを叩き、身を開いたものが
たたきゴボウですが、開運を意味します。

 

また、ゴボウは根をしっかり張るため
縁起物としてたたきゴボウ意外にも
牛肉のごぼう巻きや八幡巻といった料理としておせち料理に登場します。

 

搗栗(栗きんとん)

搗栗(かちぐり)の「かち」が、「勝ち」に通じる
また、栗きんとんの黄金色は、お金や財宝を連想させることから
金運アップを願います。

 

お多福豆

福が多くなりますように、という意味から。
文字通り縁起物ですよね^^

 

ぶりの照り焼き

ぶりは出世魚として知られていますが
出世を願う縁起物としておせち料理に入っています。

 

昆布巻き

昆布は「よろこぶ」に通じることから縁起物として
また、昆布を「子生」に語呂合わせいして子孫繁栄を
また伊達巻のように見かけが書物に似ていることから学問の向上
というふうに、いろいろな意味に解釈されています。

 

酢蓮(すばす)

れんこんには穴が沢山開いていますが
将来の見通しが効くということで、縁起物とされています。

 

紅白なます

おせち料理の代表的料理の一つ、紅白なますは
大根と人参で作ります。
紅白はおめでたい色合わせですが
紅白なますもこの祝い事からきています。

 

芽出しくわい

「芽出し」→「めでたい」にかけています。
また、くわいは大きな芽を一本出すので
出世を祈願しています。

 

鯛の焼き物

鯛は「めでたい」ということで
お祝いの席にはよく登場しますが

 

おせち料理でも
めでたいということで喜ばれています。

 

海老の焼き物

海老はヒゲが長く、腰が曲がってるような姿で
脱皮を繰り返すことから長寿の縁起物と言われてきました。

 

おせち料理には、伊勢海老や車海老が使われたり
小エビを串で刺した焼き物などがあります。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 

関連ページ

お屠蘇の意味と縁起のいい飲み方について
お正月にお屠蘇を飲みますが、お屠蘇にはどんな意味があるのでしょうか。また、縁起のいい飲み方は?調べてみました。
全国に雑煮の種類はどのくらいあるの?基本的な作り方は?
お正月に欠かせない雑煮ですが、調べてみると全国にいろんな種類の雑煮があることに気が付きます。雑煮の基本的な作り方についても見てみましょう。