お正月料理特集記事一覧

おせち料理を漢字で書くと御節料理になります。元日は節日(節句)の中でも一番重要な日でその日に食べる料理から、「御節料理」と呼ばれているんですね。おせち料理を食べる風習は中国の五節供の行事までさかのぼります。日本には奈良時代に伝えられ朝廷内で開かれていた節会には節供(せちく)と呼ばれる料理が食べられていました。その後この風習が庶民に伝わりお正月の節目におせち料理を食べるようになったのです。ちなみにお...

お正月に飲む縁起のいいお酒というとお屠蘇(とそ)ですよね♪お屠蘇という意味にはいくつか解釈が分かれていて「鬼(蘇)」を「ほふる(屠)」「鬼を屠り、魂を蘇生させる」といった意味があります。いずれにしてもお正月に飲むお屠蘇は邪気を払い長寿を願う縁起物として飲まれています。実際お屠蘇は普通のお酒ではなく生薬(山椒、細辛、防風、肉桂、乾薑、白朮、桔梗など)を酒やみりんで浸して作る、薬草酒なんですね。

お正月の定番料理の一つ、雑煮。お正月にはこれを食べないと始まらない、というくらい、習慣化されていますが、雑煮は古くから食べられてきました。いつから雑煮が食べられたか定かではないのですが、もとは大晦日の夜に年神様にお供えし、元日の朝下げた後ごった煮にして、家族で食べていたということです(「年中行事読本」より)。お正月三が日の朝の主食としてずうっと食べられてきた雑煮ですが、調べてみると全国にはいろ~ん...

トップへ戻る