鏡開きの意味とやり方

鏡開きの意味とやり方

鏡開きにはどんな意味が込められてるの?

鏡開きの意味とやり方

お正月の行事として欠かせないのが鏡開き

 

鏡開きは、お正月にお供えした鏡餅を下げて家族で食べることです。
鏡開きは松の内が終わった1月11日に行われるのが一般的です。

 

 

なぜ鏡開きをするのでしょうか。

 

 

神様にお供えした鏡餅には
神様の力が宿ってるとされます。

 

年神様は毎年
新たに命を吹き込みますが
鏡餅に宿った力を食べることによって
私達も新しい命をいただくということになります。

 

その年の新しい命を頂いて、また生きる
これが鏡開きに込められた意味になります。

 

 

鏡餅を木槌などで割ることから「鏡餅」と呼ばれてるわけですが
鏡餅は食べるところまでしないと意味が無いんですね。

 

 

スポンサードリンク

 

鏡餅のやり方は?

鏡餅の風習は、もともと武家社会から始まっています。

 

なので
伝統的な方法を見てみると
鏡餅を割る時は絶対に刃物で切らない!

 

というルールが有ります。

 

包丁などを使ってお餅を切ることとは
切腹をイメージしやすいので使いません。

 

鏡餅を細かくするには
木槌や金槌を使いますが

 

この時も
「割る」という表現を使わず「開く」と言います。

 

 

鏡開きの日、1月11日に
鏡餅をおろし、木槌などで少しずつヒビを入れた後
「えい」と、思い切り叩くのがコツだとか。

 

それでもうまく割れない場合は
鏡餅を見ずに半日ほど漬けてから手でちぎる
なんて方法もあります。

 

最近では
割らなくてもいいように
細かくなったお餅が売られていますよね。

 

それを利用してもいいでしょう。

 

 

開いた(割った)お餅は
お雑煮やおしるこにして食べます♪

 

年神様のパワーが宿ったありがたいお餅
残さずぺろりといきたいですね^^

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 

関連ページ

元日の意味と過ごし方
元日について。元日とはどんな意味があるのでしょうか。一般に行われている、元日の過ごし方とは?調べてみました。
正月三が日の過ごし方
正月三が日について。正月三が日とは?縁起良く過ごすにはどうすればいいのか、まとめてみました。
松の内の意味と過ごし方
松の内とはどんな意味があるのでしょうか。松の内の期間は?松の内を縁起良く過ごすには?気になること色々と調べてご紹介します。
どんど焼き・左義長について
日本の正月、小正月あたりに行われるどんど焼き(左義長)について。どんど焼きの風習の始まりはいつから?過ごし方は?調べてみました。