正月三が日の意味と縁起のいい過ごし型

正月三が日の過ごし方

正月三が日とは?

正月三が日とは、その年の始めの3日間
1月1日、1月2日、1月3日のことです。

 

国民の祝日は1月1日ですが
企業などはお正月三が日までお休み、というところが多いですよね。

 

元日同様、正月三が日もまだまだお正月。

 

寝て過ごしたりごちそうを食べ続けたり
テレビを見っぱなし

 

いやいや
バーゲンだ~
セールだ~
と、買い物に明け暮れたり

 

と、正月三が日の過ごし方はいろいろありますよね^^;

 

 

でも
正月の三が日、せっかくですから
縁起のいい過ごし方について見てみましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

正月三が日にしてはいけないこと

昔からの言い伝えで、正月三が日にしてはいけないことというのがあります。

 

掃除をしてはいけない

お、これはズボラな私にとってはうれしい「してはいけないこと」です(笑)

 

お正月にそうじをするのは
「年神様を吐き捨てることになる」というのが理由なんだとか。

 

掃除は前の年の年末までに済ませておくのが前提ですね~。

 

そうじゃないと
お正月、足の踏み場がないあちこちが汚れて…
ギャ━━━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!

 

 

勝手仕事をしない

水仕事や火を使った仕事
つまり、家事はしてはいけませんよ、ということですね。

 

あらあら、これも私にとっては嬉しい禁止♪

 

 

保存の効くおせち料理を作るのは
かまどの神様を休ませるため

 

そして
水は年神様を流してしまうので
こちらもしないほうがいいんです。

 

 

ちなみに
水はなるべく使わないほうがよいそうで
お風呂や洗い物、洗濯も控えたほうが良さそうです。

 

大家族だとこれはちょっときついかもしれませんね。

 

排水口にザルを置いて、歳神様が流れないようにするとか
年神様に予め「流れないでください」と断っておくと
いいかもしれません(笑)

 

 

余計なお金は使わない

正月三が日に大金を使うと
その年は散財する、という言い伝えがあります。

 

福袋やセールが楽しみだとちょっとこれはキツイ禁止ですね(;´∀`)

 

まあ、無駄遣いしないように
本当に欲しい物を買う、というのならいいのではないでしょうか。

 

 

楽しみですよね
お買い物。

正月三が日にするといいこと

正月三が日縁起のいい過ごし方

では逆に、正月三が日にするといいのは、どういうことなのでしょうか。

 

正月三が日に「行い始め吉」、といわれているのは

  • 歯固め・・・硬いものを食べてること
  • 着衣始(きそはじめ)…新しい服を着ること
  • 姫始め・・・柔らかいご飯(姫飯)を初めて食べる、衣服を初めて縫うなど諸説あり

 

です。

 

その他行い始め吉と言われていることは
書き初めも1月2日のイベントとして定着していますよね。

 

書き初めは、「吉書」ともいわれ
昔は恵方に向かって年神様に対するお祝いの言葉を書いていたそうです。

 

 

行い始め吉というのなら
初詣に行くことや、初夢を見るというのもそれに入るのではないでしょうか。

 

どちらも縁起がいいですし
正月三が日の間にすることですよね^^

 

 

それからもう一つ
正月三が日にしたいことは
お正月の祝い膳やお雑煮を食べたりすること。

 

お正月には年神様がその家に滞在しています。
年神様をおもてなしするために
おせち料理やお雑煮、お屠蘇など
縁起のいいものを家族のみんなで食べながら
年神様と楽しく過ごしたいですね。

 

 

家事を休んだり
新しい服をおろしたり
美味しいものを食べてのんびり過ごす

 

正月三が日の縁起のいい過ごし方ってすごく
いいですね~。

 

毎日がお正月だったらいいな(笑)

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 

関連ページ

元日の意味と過ごし方
元日について。元日とはどんな意味があるのでしょうか。一般に行われている、元日の過ごし方とは?調べてみました。
松の内の意味と過ごし方
松の内とはどんな意味があるのでしょうか。松の内の期間は?松の内を縁起良く過ごすには?気になること色々と調べてご紹介します。
鏡開きの意味とやり方
日本のお正月に行われる鏡開きについて。鏡開きの意味ややり方などご紹介します。鏡開きの意味を知って、縁起のいいお正月を。
どんど焼き・左義長について
日本の正月、小正月あたりに行われるどんど焼き(左義長)について。どんど焼きの風習の始まりはいつから?過ごし方は?調べてみました。