元日の意味と過ごし方

元日の意味と過ごし方

元日とはどんな意味?

元日とは1月1日のことです。

 

「そんなこと知ってるよ」っていうくらい
元日=1月1日
というのは当たり前のように知られていることですが

 

なぜ1月1日のことを元日というのでしょうか。

 

 

語源由来辞典によると
「元」には「はじめ」という意味があるので
元日とは、年の始の日、つまり1月1日ということになります!

 

 

ちなみに
元日と元旦の違いについてわかりにくいですが
厳密に言うと、元旦は、「元日の朝」という意味です。

スポンサードリンク

元日の過ごし方

元日の過ごし方

元日の前は
正月飾りをしたりおせちを作ったりとバタバタしますが

 

元日は比較的ゆっくりと過ごすことが多いのではないでしょうか。

 

 

大晦日から元日にかけて寝ずに過ごして
1月1日は寝て過ごす、という人も多いのでは。

 

 

昔は年神様をお迎えするので
寝ては失礼といことで起きていて、元日は寝て過ごす
ということが当たり前に行われていたようです。

 

今はちょっと多様化していますが
寝正月、という風習は今も昔も変わりませんよね^^

 

 

お正月は寝正月、というほかにも
おせち料理を食べることも一般的ですよね。

 

 

その他にも
テレビをずっと見て過ごす
初詣に出かける

 

といった過ごし方がありますが

 

縁起のいい過ごし方について見てみましょう。

 

 

今年のお正月は縁起良く過ごす!

元日に限っての縁起のいい過ごし方ですが

 

初日の出を拝む

元旦に昇る初日の出とともに
年神様がやってくると言われています。

 

なので
初日の出は見逃さないようにしましょう。
家の窓を開けたり、見晴らしのいい場所で初日の出を拝みながら
年神様を迎え入れます。

 

家は門松や注連縄で飾ってあることはもちろんお忘れずに。
これらの飾りも年神様を迎え入れる大事なアイテムです。

 

 

おせち料理を食べる

お正月に何気なく食べてるおせち料理ですが
おせち料理は、家族の健康や幸せを願う
縁起のいい食材が多く使われています。

 

さらに
おせち料理は年神様にお供えする料理なので
お正月には年神様や家族のメンバーに心を寄せながら
美味しくお料理を頂きたいです。

 

 

お屠蘇

お屠蘇の字には、「悪魔を屠り、死者を蘇らす」という意味が込められています。
なんだか深いですね!

 

お屠蘇を飲むのは、邪気を払い、その年の無病息災を願うため。

 

それを聞くと、お酒は苦手でも一口は口につけてみたくなりますね^^;

 

 

初詣

毎年恒例になってますが、初詣に出かけるのも
縁起のいいことです。

 

初詣は、その年の幸せを神様にお願いすることですが
年の始のお参りは、その年の幸福を約束するとも言われています。

 

 

若水を飲む

若水とは、その年に初めて汲む水のことで
年神様にお供えしたり、お雑煮といった料理に使います。

 

邪気を払うために飲むということで
お屠蘇に似ていますね。

 

お酒の飲めない子供も飲めますね。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 

関連ページ

正月三が日の過ごし方
正月三が日について。正月三が日とは?縁起良く過ごすにはどうすればいいのか、まとめてみました。
松の内の意味と過ごし方
松の内とはどんな意味があるのでしょうか。松の内の期間は?松の内を縁起良く過ごすには?気になること色々と調べてご紹介します。
鏡開きの意味とやり方
日本のお正月に行われる鏡開きについて。鏡開きの意味ややり方などご紹介します。鏡開きの意味を知って、縁起のいいお正月を。
どんど焼き・左義長について
日本の正月、小正月あたりに行われるどんど焼き(左義長)について。どんど焼きの風習の始まりはいつから?過ごし方は?調べてみました。