日本の正月 縁起のいい過ごし方

日本のお正月 縁起のいい過ごし方研究所

1年に1度しかないお正月、だから縁起よく過ごしたい!

年の始のお正月

 

毎年うきうきするイベントですよね♪

 

お正月は特別な飾り付けをして
特別なごちそうを食べて、特別な遊びで遊んで…
というふうに、いつもとは違ったことをして過ごすのが、昔からの過ごし方ですよね。

 

 

加えて
お正月は初夢、初詣、おみくじなどなど
「縁起」が関係したイベントも多いですよね。

 

 

1年に1度しかないお正月!
だから、できるだけ縁起よく過ごしたいですよね。

 

 

このサイトでは
縁起のいいお正月の過ごし方についてご紹介しています。

 

 

門松など、特別な飾りを飾るのも
おせちを食べるのも、初詣をするのも

 

お正月の過ごし方には
ほとんど「縁起」が密かに担がれているわけですが

 

「なぜ」をそれをするのか
意味について深く調べたり

 

できるだけ縁起よくお正月が過ごせるには
どんなことがあるのか、できるだけ調べてご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

お正月の由来は?

正月の由来について

お正月というと、年の始でおめでたい行事
というイメージが有るのですが、実際にどんな由来があるのでしょうか。

 

「正月」とは、旧暦(太陰太陽暦)でいう、1年の初めの月のことを言います。
さらに日本では、農事が始まる頃を1年のはじめとしていて
その頃には先祖の神「正月様」を迎えるので正月になる、という考えが昔からあったということです。

 

「正月様」は「年神様」または「歳徳神(としとくじん)」とも呼ばれ
新年の始まりに訪れる神様を迎え
その年の幸せを授かるために、さまざまな風習が生まれました。

 

注連縄や年棚、門松やおせち料理など
お正月にしていた当たり前のことは
ちゃんと意味があってのことなんですね。

 

年の始のお正月は縁起よく過ごしたい、という気持ちは
今も昔も変わらないですね^^

お正月っていつまで?

ところで気になったのですが
お正月って、いつまでなのでしょうか?

 

お正月のはじめは
1月1日、というのはわかりますが

 

いつまでか、というのはちょっとあやふやですよね。

 

 

お正月というと
本来は1月1日から1月31日までのことを言うそうですが

 

現在では
「三が日」や「松の内」という意味で使われることが多いということです。

 

三が日は
1月1日~3日までですが

 

松の内は地域によって異なり
15日までとするところや、7日まで、という地域もあります。

 

また
お正月を1月20日までとするところもあるんですね。

 

 

1月には、いろいろと伝統的な行事がありますので
このサイトでは、1月中に行われる行事やイベント等を参考にしながら
縁起のいいお正月の過ごし方についてご紹介していきます^^

 

 

 

お正月に関係した風習タイムスケジュール

12月28日 正月飾り

正月飾りを飾る。
この日が難しいなら30日

12月31日 大晦日 年越しそばを食べる
1月1日~3日 正月三が日

雑煮を食べるおせち料理を食べる
行い始め吉
初詣(1日)
初夢(2日)

1月1日~7日 松の内

※15日までとする場合もある。
七福神詣(1~7日)

1月7日 七草粥の日 七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、スズシロ、スズナ、ホトケノザ)が入ったおかゆを朝食べる
1月15日 小正月 お正月飾りや書き初めを焼く(どんど焼き、左義長)
2月1日 厄落とし

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク